宅配クリーニングって大丈夫?

宅配クリーニングのメリット

宅配クリーニングのデメリットは?

まず、クリーニングに出す前の衣類の状態を自分でチェックしなくてはならないことがあります。
お店なら自分でチェックしていなくても店員さんがチェックしてくれます。
宅配クリーニングではシミや汚れ、要望、指示などを伝えるために自分で記入しなくてはなりません。
自分でチェックして伝えるのが面倒な方は、店舗型クリーニングを利用する方がいいでしょう。

トラブルの場合、対応に時間がかかることも挙げられます。
状況確認のやりとりがメールや電話のため、品物を前にして店員さんに説明することができないからです。
これは店舗での場合も同じなのですが、できるだけ早く申し出ないと対応が難しくなります。
自宅で衣類をチェックした際に写真を撮っておくことはトラブルの際に役立ちます。

集荷キットで送る場合はキットが届くのに時間がかかります。
また伝票の記入や集荷の連絡をしなくてはいけない場合もあり、手間がかかります。

宅配クリーニングはコンビニを利用できる!

忙しい方にとっては集荷を待つのが負担の場合もあります。
集荷を待つなら近所のコンビニに持っていく方が早いと考える方もいるでしょう。
宅配クリーニングはコンビニ利用ができるところもあります。

宅配クリーニングでコンビニ集荷できるのは、提携の宅配業者がヤマト運輸の場合のようです。
コンビニ集荷のできる宅配クリーニングは、リナビス、クリラボ(初回から利用可)、リネット、せんたく便、カジタク、リアクア(2回目以降から利用可)です。

ただしコンビニでもローソンとミニストップはクロネコヤマトと提携がないため受付はできないようです。
宅配クリーニングの受け付けができるのは、セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ポプラ、生活彩花、スリーエイト、くらしハウス、ニューデイズ、アンスリー、アズナス、オダキューマート、リトルスターです。


TOPへ戻る